久しぶりにバスに乗って出かけて学んだこと

障がい者だと都バスが無料になっ
たりするんだけど、いまいち手帳と無料切符との使い方がわからないで困っていた。
今日久しぶりにバスで出掛けたら、乗員さんが教えてくれた。
フワフワした私の頭の中に必要な知識を入れてくれた。
みずからバスに乗じるなら、無料切符持ってたらタッチするだけでいいんだって。
付き添い人がいる場合手帳をあげると、一緒にある人が半額になるみたい。
でも、たまに「お金取り除ける」って言ってもらえる人もいてよくわからない。
もしや場所による?
でも、手帳は見せなくても宜しいなら、できれば見せたくない。
教えてもらえて良かった。
この世の中まだ色眼鏡で探る人多いもんね。
精神障がい者は見た目でわかってもらえない分、楽しい人だと誤解されて困難時もある。
負けてられないけど、病気が表立って出ちゃうと臆病になっちゃう。
やっぱりそういった人なんだって思われるのが不愉快時もある。
障がい者手帳は知識の浅いバス乗員さんも多くて、傷つくことも多かったけど、今日の人はいい人で良かった。
いろいろ教えてくれた感謝の意味も込めて「ありがとう」の一言を伝えたよ。
私も知識の浅いことまだまだあるけど、ちょっとずつ勉強して乗員さんみたいに勇気を与えられる人になりたいな。