美味しい物って何だろう

節約もあってのことですが、私はなるべくすべての食事は家庭で調理をして食べるようにしています。

その方が子供にとってもいいと思うし、知らず知らずレパートリ―も増え、料理が上達していきますし。

レトルトやお惣菜も、ほとんど買いません。

仕事や家事、子供の事などで毎日がとにかく忙しく、食事の支度がめんどくさいなと思う時だってあります。

そんな時は、無理して作ろうとはせず外食します。

とにかくなんか美味しいものが食べたいな・・・と私が行った時に子供に素朴な質問をされました。

美味しい物って何?・・・。

なぜか固まってしまい、すぐに答えることが出来ませんでした。

逆に子供に聞いてみたところ、お母さんが作ったご飯と即答でした。

嬉しいから一言。

流れを知っています

最近の物価は昭和に近づきつつあります。ピンクレディや金八先生の頃の物価です。その頃、日本人は、物価が安くなるなんて、思いもよらなかったと思います。物価は上がり続けると信じていたでしょう。

当時、牛乳は、250円ぐらいです。そう思うと、今と同じ値段です。40年前のことです。牛乳も飲めませんよね。大量には無理です。

12年ぐらい前、牛乳は、100円で買えました。物価変動は、2倍以上です。100円を知っていると、今の牛乳の値段は、すごく高く感じます。ところが、250円が、100円になり、250円になったという道筋を知っていると、100円の牛乳が異常だっとの見込めます。

当たり前の値段が一番生活しやすいです。