お互いが慣れすぎてしまうのが怖いです。

同棲してになりますが最近ありがとうの数が減ったな?と身に染みて感じています。私は相手に何かしてもらったり何か気づかないうちにしてくれていたりするとありがとうは一番気をつけてたくさん言うようにしています。ありがとうと言われて嫌な思いをする人はいませんよね。私は掃除も洗濯も基本的な家事は大好きです。だから掃除をして部屋中をピカピカにして自己満足です。
でもふとたまに、これだけ片付いていたら気づかないかな?って思うときがあります。ありがとうを言えと言っているわけではないのですが極論はありがとうがほしいのだと感じました。はいはい片付けてくれてありがとね、ではなくて、こんなにきれいになってる!ありがと!のたった一言でいいのでたまには言ってほしいなと思いました。別にありがとうを言うことに対して彼に何かを言うつもりもないし今後も言う気はありません。ただ私のやっていることがいつも当たり前でありがとうを言う価値もないと思われているなら悲しいな?と思っています。最初はいろいろな場面でありがとうはたくさんお互い使っていましたが慣れてくるとこうなるものなのでしょうか。少し悲しいです。

乾燥対策にシートパックでも買おうかと思ったら…

最近、なんだかお肌が乾燥しがち。

季節的なこともあるけど、やはり年齢的な問題が大きいかも。

今のうちに対策をとらないと、取り返しのつかないことになりそうなので、シートパックを買ってみることにしました。

早速インターネットのショッピングモールで検索すると、ものすごい種類のパックが出てきて、いったいどれを買ったらいいのやら!?

値段もピンからキリまでありますし、配合されている美容成分やシート数もまちまち。

これはやっぱり、高級なもののほうが効果があるのかなぁ、などといろいろ迷ってしまいました。

そして結局、安くていっぱい入っているのにしました。

やはり乾燥予防は、毎日のケアが大事ですものね!

高価なものでは、1週間に1回のケアがやっとになってしまいますし。

さあ、到着したら、毎日たっぷり潤すぞ!

島国日本はもっと英語教育に力を入れるべき

先日、外国人に道を聞かれるというハプニングがありました。

何故それをハプニングと呼ぶかといえば、その外国人は英語しか話すことが出来ず、私は英語を話すことが出来ないからです。

ほぼボディランゲージと、スマホの翻訳機能と、そして単語を連発するという荒業で何とかこの局面を切り抜けましたが、一緒にいた友人が「アンタ勇気あるわ~」と褒めてくれました。

ニュースを見ていると、日本に旅行に来る外国人が2000万人を超えたということです。

私たちの故郷、美しい日本を見てもらえるのは本当に嬉しいことです。

でも、外国人がどんなに沢山来てくれても、私のように日本語しか話せない人が多いのも現状でしょう。

日本は島国で単一民族ですから、他の言語は必要ないからです。

でも、真のおもてなしを発揮するためにも、もっと実用的な英語教育に力を注いで欲しいと思いました。

明日はハロウィン祭りに子供が参加

明日の夜、子供会のハロウィン祭りに子供が行きます。今年の仮装のテーマは、カボチャのマントを身にまとったチビッ子魔女です。去年は、赤ずきんをテーマにしました。カボチャのバケツを持って町内にお菓子を貰いに行きます。通常ハロウィンは31日なのですが、学校でお祭りが出来ないので今年は少し早い目に行います。

子供が仮装すると可愛いですよね?我が子が一番可愛いのかもしれませんが、どの子供も毎年、可愛く仮装しています。ハロウィンだからお化けの怖さがないといけないと思いますが、怖いイメージがありません。可愛い小さなお化けさんという感じですね?私は毎年ハロウィン祭りの写真を撮って記念に保存します。今しか撮れない子供の可愛い思い出の一枚ですから、撮った写真は大事にしています。