所カードは果たして、お得なのだろうか?

皆さんは、金入れの中に所カードが何枚ありますか?
いまじゃどのお店をめぐっても所カードがありますから、きっと複数は確実にあるでしょう。
自分の金入れを見て見ると、T所カード、ナナコカード、楽天所カード(これらは大半コンビニで取り扱う行動)、近所の上級の所カード×2枚(費用能力存在)など、パッと見ただけでもいっぱいあります。
よく「利潤に愛される?」系の雑誌を読むと、「お金持ちは所カードを欠ける」っていうことが書かれてるんですね。
当人はまぁ貧乏性なのか、「所置きなかったら、もったいないじゃん!」なんて思っちゃう。
所が貯まった後に扱う時はお得感があるんだけど、所カードのウイークポイントはあまり触れられることがない。
いくつか考えてみよう。
まず、それこそがお店の意向なんだろうけど、そのお店にとらわれちゃうことだよね。
本当はB業者の方が安いけど、A業者の所貯めてるからA業者に行こう、みたいな。
もう一つは、カード自体が嵩張ることだろうね。
一枚や二枚ならいいけど、10枚以上あるともう金入れが過密で、見るからに貧苦っぽいもんなあ。
所カードを投げ棄てちゃったら、自分もお金持ちに生まれ変われるだろうか!?

実家と義実家はおせちは作りませんが我が家はおせちを作ります

おせちは今はお取り寄せやデパ地下などで購入するかたが多いのではないでしょうか。我が家は年末年始は実家と義実家に泊まりがけで行くので自分でおせちを用意することはなく実家でおせちを食べていらっしゃる。
実家はデパ地下でおせちを購入していらっしゃる。毎年おせちの内容は違って最近さ中華のおせちが多いので、いわゆる普通のおせちが食べたいなとおもうことがあります。
義実家は二世帯住宅なのですがおせちを取る習慣はないようです。義姉の子供たちがおせちを食する習慣を知らないはかわいそうですなと思います。
今年は私が妊娠中ということもあり、実家と義実家に帰るのは長距離移動になるので、帰省せずに年末年始を迎える予定だ。今年はおせちを作りたいとしていらっしゃる。私は栄養士の養成学校に通っていたので調理実習でおせちを作ったことがあるので合ある程度は見つけることができます。
自分でおせちを用意するときはおせちは焼き上げるものは作って、家で始めるのが難しかったり設けるのに時間がかかるものは購入することとしていらっしゃる。調べるのが簡単なのは栗きんとん、紅白なます、煮物、海老の酒蒸しなどです。購入するのは、かまぼこ、伊達巻き、こぶ巻き、黒豆、数の子などです。黒豆はうまくゆでるのが難しいので購入してしまう。
あとはおせちの定番ではなくても子供たちが食べたいっていうものを混ぜるようにしています。
子供たちも大きくなったので今年は一緒におせちを作りたいと思います。この文化を広めるのも大事なことです。

先日食べに行った中華料理屋さん最高

先日、学校の帰りに同じ学校の近しい友人4人で学校の周辺にある中華料理屋さんをめぐってきました。
その中華料理屋さんは、その店の近所では誰もが知っているような有名中華料理屋さんらしいです。店の場所は、『ここがお店なの?!』というほど、分かりにくい場所にその店はありました。ただし、その周辺にはおいしい香りが漂っていました。その旨い香りに誘われて人が集まるのかなと感じました。
店内に入ると漫画などもたくさん揃っていて思い出深い感じを憶えました。席は座敷とカウンターの2種類がありました。私たちは座敷に座りました。座敷に腰掛けると笑顔がとても眩しいおばあちゃんが水を出してくれて何だか癒されました。そうしてメニューを見るとたくさんの中華のメニューがありました。その店のメニューは特にラーメンが多かったのですが、私はラーメンをあまり嫌うのでご飯系のメニューにしました。悩みに悩んだ末、私は中華丼を任せ、友人らは全員ラーメンを頼んでいました。
中華丼は、野菜やキクラゲなどたくさんの具材が入っていてとても美味しかっただ。その店に行った日がとても寒い日だったので出来立てのトロトロの中華丼は私の身体を温めてくれ、味もとても嬉しいので夢中になって食べてしまいました。今まで食べた中華丼の中で一番美味しかっただ。料理を食べてその店の周辺の近所で誰もが知ってる中華料理屋さんであるという理由が分かったような気がしました。