乏しい博物館

あたしは、アート作を見ることが好きなのですが日々の忙しさになんだか博物館へ行けません。ライブラリーで画集などを見て、本物を見たいなあと思っています。そんな中でメリットを見つけました。それはターミナルなどで展示されておる、好みのあなたの作に当たることです。まずまずの作品ぞろいで見ている方もうれしいだ。仕事帰り疲れていても、挿図などが展示されていると立ち止まって見ていしまう。そうやって見ていると世間にポップアートがたくさんあることが気がつきます。駅前の針路にタイルでモザイクイラストレーションが作られていたり、住宅の中にオブジェが置いてあったり。今度そういうものを見ながら、散歩するのもいいなと思っています。だいぶ良いタイプと出会えそうです。