今年の梅雨は短くなるかもしれない

昨日の天気予報で、来週は晴れの日が続いて暑くなるでしょうと言っていました。また昨日は奄美地方で梅雨明けしたとのことも言っていました。その天気予報で平年の梅雨は梅雨前線が北に上がったり、南に下がったりしていますが、今年は太平洋高気圧の勢力が強く、来週は梅雨前線が押し上げられて東北、北陸地方に停滞するようで、本州でも関東、東海地方の梅雨明けになるのではないかとも言っていました。

来週梅雨明けになると、今年の梅雨がかなり短くなります。雨はパラパラと降った程度でしたが、このまま梅雨明けになると夏場の水は不足する心配があります。水源地に夕立が毎日降ればそれほど心配しなくてもよいようですが、あまり期待できないようです。

梅雨明けが来週頃になると夏が長くなります。そうでなくとも中期予報で8月は平年並みか平年より気温が高くなるし、9月の残暑が厳しいと言っていましたので、さらに夏が長くなりそうです。夏が長いのはいつまでも暑さが続くので体にこたえます。できたら梅雨明けが平年並みの7月20日前後になってもらえたら良いなと思いました。また平年並みだと私の住む地方でも雨が多く降るのではないでしょうか。雨が多く降れば今後の水不足の心配はなくなります。