世界的に有名な語学学習アプリと海外サイトの漫画で英語学習している

最近Twitterでフォローしている人が続けていると言っていた語学学習アプリのDuolingを私も試しに始めてみたらもう2,3週間続いています。

今まで何度も英語学習に挑んでは挫折してきたので世界で人気を博しているアプリはやっぱりすごいと感心しています。

毎日スマホで通知して学習をすることを促し、ほんの数分でひとつの授業を終えられるので苦になりません。

その授業内容は世界中でテストしてデータを集め、一番学習効率が良い仕組みになっているそうです。

そして連続で何日続いたとか授業終えたりした時にポイントがもらえるというゲームっぽいところも通常の英語学習にはない部分なので気に入っています。

おまけに発音もチェックしてくれるのですから本当に大したものだと思うのでした。

そして他でやっているのはある海外の人気ゲームのサイトで公開されている外伝漫画を英単語を訳しながら読むという英語学習をしています。

これがDuolingとは違い非常に疲れるのですが、次第に話しの内容が分かるようになってくる感じがたまりません。

こういう風に理解度が上がると世界が広がるのも感じて多くの人が語学学習を勧める理由が分かるのでした。

それで世界中のコンテンツが自由に苦もなく楽しめるようになったら面白いだろうなと想像しています。

島国日本はもっと英語教育に力を入れるべき

先日、外国人に道を聞かれるというハプニングがありました。

何故それをハプニングと呼ぶかといえば、その外国人は英語しか話すことが出来ず、私は英語を話すことが出来ないからです。

ほぼボディランゲージと、スマホの翻訳機能と、そして単語を連発するという荒業で何とかこの局面を切り抜けましたが、一緒にいた友人が「アンタ勇気あるわ~」と褒めてくれました。

ニュースを見ていると、日本に旅行に来る外国人が2000万人を超えたということです。

私たちの故郷、美しい日本を見てもらえるのは本当に嬉しいことです。

でも、外国人がどんなに沢山来てくれても、私のように日本語しか話せない人が多いのも現状でしょう。

日本は島国で単一民族ですから、他の言語は必要ないからです。

でも、真のおもてなしを発揮するためにも、もっと実用的な英語教育に力を注いで欲しいと思いました。